自動全窒素・全りん測定装置 TPNA-500

<特長>

ライフサイクルコスト(LCC)を約30%削減

1.試薬長寿命化(従来比2倍)
(専用試薬開発によりペルオキソニ硫酸カリウムの安定性を向上。1ヶ月の試薬交換周期が2ヶ月へと延長)
2.消費電力約30%減、純水・廃液料1/2
(電気、純水仕様、廃液処理に必要なコスト・手間、環境負荷の低減)
3. 汚れに強い計量システム採用
(従来機種で実現した試薬量削減(1/10)を踏襲しつつ、新計量方式の採用と自動洗浄機能(オプション)の強化)

豊富な自己診断機能を搭載

1.装置内圧力による診断
2.光学信号による診断
3.純水装置の不具合を感知し警報を発報 etc….

簡単保守

1.見やすく、簡単操作、対話式メニュー構成のカラータッチパネル採用
2.
測定値などをCSVファイルとして取り出し、報告書が容易に作成できるUSBデータ出力ポートあり
3.専用試薬をデリバリー
試薬調合の手間、ミス、リスクを削減可能に

<TPNA-500仕様>

一般仕様

寸法W460×D385×H1600 (mm) 
質量約90Kg 
電源AC 100 V~240 V ±10% 50/60 Hz
消費電力AC 100 V~240 V :約250 VA

性能

測定レンジ全窒素:0~2/5/10/20/50/100/200/500/1000 mgN/L
全りん:0~0.5/1/2/5/10/20/50/100/250 mgP/L
繰り返し性フルスケールの±3%以内
(全窒素フルスケール:50 mgN/L以下かつ全りんフルスケール:10 mgP/L以下)
フルスケールの±5%以内
(全窒素フルスケール:100~1000 mgN/L以下かつ全りんフルスケール:20~250 mgP/L以下)
いずれも標準液にて
測定原理全窒素:アルカリ性ペルオキソニ硫酸カリウム・紫外線酸化分解―紫外線吸光光度法
全りん:ペルオキソニ硫酸カリウム・紫外線酸化分解―モリブデンブル―吸光光度法
測定点数1点(標準)、2点(オプション)
測定レンジ数1レンジ(標準)、2レンジ(オプション)
測定周期60分

設置条件

周囲温度2~40℃ 
周囲湿度相対湿度85%以下(結露しないこと) 
周囲環境屋内設置型、主電源の過渡過電圧:過電圧カテゴリⅡ(IEC60364-44)汚染度2
振動・衝撃の少ない平坦の場所
雰囲気中にダスト・ミスト・腐食性ガスなどを含まないこと
大気圧下
直射日光の当たらない場所
換気の良いところ


 

<本製品のお問い合わせはこちらから>

送信の前にご確認ください プライバシーポリシー

    お問い合わせの目的(両方チェック可能)
    注文したい詳しい話を聞きたい

    御社名 (必須)個人の方は、なしと記入して下さい。

    氏名(必須)

    メールアドレス (必須)

    メールアドレス確認用 (必須)

    お電話番号

    FAX番号

    メッセージ本文

    下記の数字を入力して『送信する』を押して下さい

    >御社に最適なシステムをご提案いたします!

    御社に最適なシステムをご提案いたします!

    【 本 社 】
    〒470-0162
    愛知県愛知郡東郷町大字春木字仲田4番地の1
    TEL:0561-38-0211
    FAX:0561-38-5170

    【東 京 営 業 所】
    〒113-0021
    東京都文京区本駒込2-27-15 イントランスビル3階
    TEL:03-5319-4663
    FAX:03-5319-4664